ココナッツオイルでうがいは効果的?効能を分かりやすく!

1

美容にいい、ミランダ・カーが使っている!と人気のココナッツオイル。

食べたり飲んだり、スキンケアに使ったり、様々な用途があります。

 

今回は、少し変わった使い方、ココナッツオイルを使ったうがいについてご紹介します。

実はココナッツオイルでうがいをすると、様々な美容効果があるんですよ。


Sponsored Link


ココナッツオイルでうがいをする理由

オイルでうがい?いったい何がいいの?と疑問に思う方も多いと思います。

オイルでうがいをするのは、もともとインドのアーユルヴェーダの健康法で、オイルプリングといいます。

インドでは、白ごま油を使用します。

このオイルプリングは、歯周病や虫歯口臭といったお口の中のトラブルを解消し、体内の毒素をデトックスする効果があると言われています。


Sponsored Link


ココナッツオイルでのオイルプリングの効能

2

 

ココナッツオイルでオイルプリングをすると、様々な効能を期待することができます。

 

虫歯・口臭・歯周病を防ぐ

オイルを口の中でくちゅくちゅすることで、口内の細菌がオイルと共に流れていきます。

更に、ココナッツオイルは抗菌作用を持っているので、菌の繁殖を防ぐことができるんです。

 

口内炎を防ぐ

ココナッツオイルは抗炎症作用を持っています。そのため、口の中の炎症である口内炎を防ぐことができます。

 

歯のホワイトニング

ココナッツオイルを入れた飲み物を飲んでいると、そのコップについていた茶渋がなくなることがあります。

ココナッツオイルには汚れを落とす効果もあるようで、歯の汚れを落とし、本来の白さを取り戻してくれます。

 

身体の中の毒素をデトックスする

オイルを口の中で回すことで、体内の毒素がオイルに溶け出し、体外に排出することができると言われています。

 

ほうれい線の予防

オイルプリングは、口内でオイルを15分ほどくちゅくちゅと回します。

そうすることで、頬の筋肉を使い、鍛えることになるんです。実際にやってみると、5分ほどで頬がだるくなってきます。

筋肉を鍛えることで、顔の筋肉の衰えからできるほうれい線を防ぐことができます。

 

 

オイルプリングのやり方

3

 

オイルプリングは、オイルでのうがいです。

うがいといっても、喉でがらがらするのではなく、口の中でオイルを回すといった印象です。

オイルは必ず、無添加、無調整のバージンココナッツオイルをご用意ください。

 

  1. ココナッツオイルを大さじ1杯口の中に入れます。
  2. 15分~20分口の中でオイルをくちゅくちゅと回します。
  3. オイルをティッシュやゴミ箱に吐き出します。
  4. ぬるま湯でよくすすぎます。

 

このときの注意は、オイルを決して飲み込まないことです。

オイルプリングを行ったオイルの中には、多くの細菌や毒素がつまっています。

そのため、ティッシュやゴミ箱に吐き出してください。

 

また、朝起きたときが最も口の中に細菌がいるので、朝行うのがお勧めです。

 

 

実際にやってみた感想

実際にココナッツオイルでのオイルプリングをやってみました。

実際に行うまでは、オイルを大さじ1杯も口の中に入れることに抵抗がありました。

でも、やってみるとココナッツの香りがしますし、ぬるぬる感はないので気持ち悪いといったことはありませんでした。

 

オイルを15分口の中で回したのですが、これが結構疲れます。

5分ほどしたところで、頬がだるくなってきました。

これは頬の筋肉を鍛えられそうです。

 

オイルを吐き出して、お湯で口をすすぐと、汚れが落ちたのか口内がさっぱりしています。

このあと、歯磨きをするといつもより歯がつるつるになった気がしました。

健康だけでなく、美容にも効くココナッツオイルを使ったオイルプリングは、まずは1日1回から続けてみたいと思います。

 

 

まとめ

このココナッツオイルを使ったオイルプリングは、モデルの道端ジェシカさんも行っているそうです。

お口と身体の健康と、引き締まった頬を手に入れるため、是非オイルプリングに挑戦してみましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ