ココナッツオイルは顔の日焼けにも効果的?実用性は?

1

 

ココナッツオイルは、美容に効果的ということで食べるだけではなく、スキンケアに使用する方も多いですよね。

様々なビタミンやミネラルを含むので、お肌に良いココナッツオイル。

はちみつと混ぜてパックとして使うと、美白効果まで期待できてしまうオイルでもあります。

 

このココナッツオイル、実は、顔や身体の日焼けにも効果があるんです。

今回は、ココナッツオイルの日焼けへの効果や使い方について、ご紹介します!


Sponsored Link


ココナッツオイルの日焼けに対する効能

2

 

日焼けを防ぐ効果

ココナッツオイルは、昔から南国で日焼け止めとして使われていました。

そのSPFは4~10と言われていて、紫外線を20%カットしてくれます。

 

ココナッツオイルは紫外線の中でも、ビタミンDの合成に必要なUV-Bを全てカットすることはありません。

そのため、ビタミンDが不足することを防げます。

ビタミンDは、骨の代謝に関係しているため人間に必要なビタミンです。

 

通常市販されている日焼け止めを塗るとUV-Bもカットされてしまいます。

しかし、ココナッツオイルは全てのUV-Bをカットすることはないので、ビタミンDを合成することができるのです。

 

日焼けしてしまった肌への効果

ココナッツオイルには、抗炎症作用があります。そのため、日焼け後の赤くなってしまった肌の炎症を抑えてくれます。

 

また、保湿効果も持っているため、日焼けのダメージで乾燥してしまった肌を潤してくれます。

そのほか、ココナッツオイルにはビタミンEも含まれているため、日焼け後に気になるシミやしわを予防、改善することができます。


Sponsored Link


日焼け対策に効果的な使い方

3

 

ココナッツオイルには日焼け止めの効果がありますが、SPFは4~10程度と高くありません。

そのため、しっかりと日焼けを防ぎたい場合は市販の日焼け止めを使用し、そのほかの場合や日焼け止めを使えないデリケートな箇所にココナッツオイルを使用するといったように使い方を分けることをお勧めします。

 

例えば、唇は敏感な部分です。

日焼け止めを含めた市販されている化粧品は、添加物やクレンジングすることによって肌にダメージを与えてしまいます。

しかし、ココナッツオイルは天然のオイルなので、余計な添加物などで肌にダメージを与えてしまう心配がありません。

しかも、食品なので、口に入っても安心です。

そのため、ココナッツオイルは唇の日焼け止めとしてお勧めのオイルなんです。

 

また、普段のちょっとしたお買い物や、洗濯を干す時、また家の中で日光を浴びてしまう時。

こういった少しの時間の日焼けを防ぎたいときも、添加物なしでクレンジングいらずのココナッツオイルを使うと、肌をいたわりながら日焼けを予防することができます。

 

 

実際に塗ってみた感想

今回は、少し日差しの強い日に、足の甲に塗って外出してみました。

ココナッツオイルは肌に塗るとすぐになじむため、オイルのぬるぬるした感覚などはありません。

ココナッツの香りも強くなく、しばらくすると消えてしまうため違和感はありません。

 

普段は、甲の部分が出る靴で日差しの強い日にしばらく歩くと、すぐに肌が真っ赤になってしまいます。

しかし、ココナッツオイルの抗炎症作用のためか、今回は赤くなることはありませんでした。

ただ、やはり日焼け止め効果はあまり強くないようで、うっすら日焼けはしていました。

 

ココナッツオイルは、日焼け止めとしての効果はやはり市販のものには負けてしまいます。

しかし、日焼け止め効果に併せて、保湿効果や美肌効果も持っているので、唇や少しだけ紫外線を浴びるような時にはできるだけココナッツオイルを塗りたいですね。

 

 

まとめ

ココナッツオイルは、強くはないですが日焼け止めの効果を持つ美肌オイルです。

抗酸化作用が高いため、油やけすることもありません。

 

普段、クレンジングが面倒だったりお肌のダメージを考えて日焼け止めを塗らないときってありますよね。

そんなとき、ココナッツオイルを塗ると、日焼けから肌を守り更に美肌ケアを行うことができます。

市販の日焼け止めとココナッツオイルを上手に使い分けて、美しい肌で夏を乗り切りましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ