ココナッツオイルの顔への効果と使い方まとめ!

1

 

美味しくて、更に美容にいいと言われるココナッツオイル。

ココナッツオイルには、たくさんのミネラルや美容に良いとされる成分が含まれています。

 

このココナッツオイル、顔に直接塗っても効果があることはご存知ですか?

実は、直接塗ることでも美肌への効果が期待できるんです。

今回は、ココナッツオイルの顔への使い方をご紹介します!


Sponsored Link


ココナッツオイルを顔に使った場合の効果・効能

ココナッツオイルを直接肌に塗った場合、様々な美容効果が期待できます。

 

しわやしみ、毛穴の改善

ココナッツオイルには、若返りのビタミンとも呼ばれるスーパービタミンE、トコトリエノールが含まれています。

このトコトリエノールは、しわやしみ、毛穴の改善に効果があるとされていて、化粧品にも使用されています。

 

保湿作用

ココナッツオイルは保湿効果を持っているので、直接塗ることで、お肌や唇をしっとりさせることができます。

 

ブースター機能

ココナッツオイルの成分は、皮脂の成分と近いため肌によくなじみます。そのため、後に使う化粧品を肌に取り込みやすいというブースター機能を持っています。

 

抗炎症作用

ココナッツオイルは抗菌作用を持つため、カンジダ菌を原因とした肌荒れなどを防ぐ効果があります。

以上のように、ココナッツオイルには市販されている化粧品に負けないくらい、さまざまな効果を期待できることがわかりました。

では、どんな方法でココナッツオイルを使うと効果的なのでしょうか。


Sponsored Link


どのように使うのが効果的?

2

 

ブースターとして使う場合

ココナッツオイルは、後に使った化粧品を肌に取り込みやすいブースター機能を持っています。

そのため、化粧水の前に使うとより化粧水の効果を発揮させることができます。

 

また、化粧水や乳液に少し混ぜて使ってもいいですね。

私は普段、化粧水の前にココナッツオイルを塗っていますが、やはり塗らない時よりも化粧水が肌になじみやすい気がします。

 

保湿液として使う場合

ココナッツオイルの保湿効果を利用するには、化粧水のあとに乳液として使ってください。

しばらくすると肌になじむので、べたつくというより、しっとりという感覚になります。

塗りすぎて肌にオイルが残る時は、私はしばらくなじませてからティッシュオフしています。

 

スペシャルケアとして使う場合

ココナッツオイルを使ってマッサージをすると指のすべりも良く、ココナッツオイルの成分をより肌に浸透させることができます。

そのほか、ココナッツオイルを蜂蜜に混ぜてパックとして使うこともできます。美肌効果のあるはちみつとの合わせ技として、より効果を期待できます。

このパックも実際に使用したことがありますが、お肌がとてもしっとりするのでお勧めです。

 

 

具体的使い方まとめ!

3

 

ココナッツオイルをスキンケアに使用する、お勧めの流れをご紹介します。

まず、普段は化粧水の前にココナッツオイルを塗り、ブースター効果で後の化粧品を肌により浸透させます。

そして、化粧水まで済ませたら、乳液にオイル加えて塗り、保湿します。乳液の代わりにオイルを使用してもかまいません。

 

この普段のお手入れに加え、1週間に1~2回スペシャルケアとして、ココナッツオイルパックをします。

こうすることで、ココナッツオイルの美容効果を最大限スキンケアに生かすことができます。

 

実際にこのながれでスキンケアをした感想は、とにかくしっとりすべすべ肌になる!ということです。

乾燥が気になる方や、小じわが気になる方に是非お勧めしたいスキンケアです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回ご紹介したように、普段美味しく食べているココナッツオイルは、顔に塗ることでも美肌をつくることができます。

ただし、ココナッツオイルをスキンケアに使用する際には注意が必要です。

漂白・精製されているココナッツオイルは、精製過程で様々な栄養素が失われています。

必ずバージンココナッツオイルや、エクストラバージンココナッツオイルといった精製されていないタイプのものを使いましょう。

 

美味しくて健康にいい、そしてスキンケアにも使える万能のココナッツオイル。

ココナッツの香りに癒されながら、内側からも外側からもきれいになることができますね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ