ココナッツオイルの顔パックで美肌に!作り方や使い方は?

1

 

健康や美容に良い!と今大人気のココナッツオイル、皆さんはもう取り入れていますか?

ココナッツオイルは、食べるだけではなく顔や肌に塗ることもできる、万能オイルです。

中でも、ココナッツオイルを使ったパックが注目させています。

 

今回は、ココナッツオイルを使ったパックの効果や作り方についてご紹介いたします!


Sponsored Link


ココナッツオイルパックの効果・効能

ココナッツオイルに、更に美容効果のある蜂蜜を混ぜたもの。

これがココナッツオイルパックです。

 

ココナッツオイルには、お肌をしっとりさせる保湿効果があります。

そのほか抗菌作用抗炎症作用といった効果があり、菌が原因の肌荒れやニキビを予防してくれます。

 

また、ココナッツオイルは様々なビタミンやミネラルを含んでいるのですが、なかでも美容に効果的なのが、スーパービタミンE・トコトリエノールです。

このビタミンEは、若返りのビタミンと呼ばれ、しみやしわ、毛穴を改善してくれる作用を持ちます。

そのため、様々な化粧品にも使用されているビタミンです。

 

また、蜂蜜にも豊富なビタミンやミネラルが含まれています。

なかでも、ビタミンCは抗酸化作用をもち、更にメラニンの生成を抑制してくれます。

そのほか、ビタミンBは肌の代謝を促してくれるので、美肌の強い味方です。

 

ココナッツオイルと蜂蜜はこういった高い美容効果を持ちます。

ココナッツオイルパックは、この二つの相乗効果で肌を美しく導いてくれるのです。


Sponsored Link


ココナッツオイルパックの作り方

2

 

ココナッツオイルパックの作り方はとても簡単です。

材料は、ココナッツオイル蜂蜜。どちらも大さじ1杯分です。

 

まず、ココナッツオイルが固まっていたら、まずは大さじ1杯分を溶かします。

電子レンジを使ってもかまいませんが、熱くなりすぎないように気をつけましょう。

 

溶かしたココナッツオイルに、蜂蜜を入れてよく混ぜてください。

これで完成です。

一度にたくさん作ってしまうと、雑菌が繁殖する恐れがあるため、使用する前に1回分ずつ作りましょう。

 

 

ココナッツオイルパックの使い方

3

 

お風呂上りや洗顔後の清潔な顔に、ココナッツオイルパックを塗って10分から15分おきます。

そしてその後、ぬるま湯でオイルをすすぎます。

 

そうすると、ココナッツオイルの保湿効果でお肌がとてもしっとりします。

化粧水の後のスペシャルケアとして使ったり、湯船に浸かっている間にパックを取り入れてもいいですね。

 

また、メイク前に取り入れると、お肌がしっとりしてお化粧ののりがアップしますよ。

 

 

顔パックを実際に使ってみた感想

私も、ココナッツオイルと蜂蜜のパックを実際に使ってみました。

作るのは混ぜるだけなので、とっても簡単です。

大さじ1杯ずつ混ぜると、1回分より多くできてしまったので、少し少なめに作ってもいいかもしれませんね。

 

塗ると、硬さはあまりないのですが、はちみつの粘度があるためか、真直ぐ前を向いても垂れませんでした。

10分~15分、蜂蜜とココナッツの香りを楽しみながらテレビを見て、時間がきたらぬるま湯で流します。

ぱっくを流した後は、お肌がとてもしっとりしました!心なしか、毛穴もふっくらして小さくなった気がします!

 

保湿効果に加えて抗炎症作用もあるということは、日焼け後の赤く乾燥したお肌にも効果的なのではないでしょうか。

これから夏にかけて、是非続けていきたいパックです。

 

 

まとめ

今回は、ココナッツオイルと蜂蜜を混ぜたパックをご紹介しました。

こういったパックなどをお肌に使用する際には、材料が自分の肌にあうかパッチテストを行いましょう。

食品だから安全と思っても、アレルギーのある方は肌荒れを起こしてしまう場合があります。

自分のお肌と心が喜ぶものを探して毎日に取り入れると、お肌も心も潤ってくるのを実感できますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ