ココナッツオイルダイエットを成功させるためのコツは?

1

 

ダイエットに効果的ということで、さまざまなメディアから注目を浴びているココナッツオイル。

もう試してみましたか?

ココナッツオイルを摂っているけど体重が減らない・・・

そんな方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、ココナッツオイルダイエットを成功させるためのコツをご紹介したいと思います!


Sponsored Link


ココナッツオイルがダイエットに効果的な理由

2

 

ココナッツオイルダイエットが成功するか失敗するかは、ココナッツオイルがダイエットに効果的な理由を知っているか否かが大きなポイントです。

では、ココナッツオイルがダイエットに効く理由を振り返ってみましょう。

 

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸という油がたくさん含まれています。

この中鎖脂肪酸は、分子量が小さいため吸収されやすく、肝臓ですばやく分解されてケトン体という物質に変わり、身体や脳のエネルギーとなります。

ケトン体とは、もともと人間が飢餓状態になった時に脂肪を分解してできる物質です。

 

まだ食料の確保が不安定だった時代、このケトン体を生み出す機能はとても大切な機能でした。

しかし、飽食の時代となった現代ではすっかり眠ってしまった機能なのです。

この機能を、中鎖脂肪酸を摂取してケトン体を作ることで目覚めさせる。

そうすることで、身体が脂肪を燃焼しやすい体質になるのです。

これが、ケトン体ダイエットとも呼ばれるココナッツオイルダイエットの仕組みです。

 

実はこのダイエット、ココナッツオイルを摂るときに守らなければいけないポイントがあるのです。


Sponsored Link


糖質制限を行う

3

 

ココナッツオイルダイエットをする時に、気をつけないといけないこと。それが一日に摂る糖質の量を抑えることです。

糖質は、身体や脳のエネルギーとして普段から使われている物質です。

この糖質が身体の中に溢れていると、まず燃やしやすいケトン体をエネルギーとして使っても糖質がエネルギーにならずに体内に残ってしまいます。

すると、余分な糖質が脂肪になってしまうのです。

そのため、ココナッツオイルを摂る際には、一日に摂る糖質の量を抑えなくてはいけません。

 

では、一体どれくらい糖質制限をしないといけないのでしょうか。

より効果的にダイエットをするためには、できるだけ糖質を抑えた方が良いでしょう。

糖質とは、ご飯やパンといった炭水化物や果物、砂糖、根菜類などに多く含まれます。

そのため、ダイエット期間中は、できるだけこういったものを摂らないように心がけましょう。

 

ただし、料理に砂糖を使用していたり、どうしても食べたくなったりと糖質を完全に摂らないのは難しいですよね。

一日に糖質60gまでは摂ってもケトン体は生産されると言われています。ご飯1杯150gには、約50gの糖質が含まれています。

一日にこの量は超えないように糖質制限を心がけましょう。

 

 

軽い運動をする

さきほども書いたように、体内に糖質が溢れている状態では、糖質が体内に残って脂肪になってしまいます。

それを防ぐために、糖質を完全に抑えていないのであれば、軽い運動をしてエネルギーとして消費することをおすすめします。

糖質制限を行っている場合、慣れてきていないときに激しい運動をすると体調が悪くなってしまうので、必ず軽い運動にしましょう。

 

 

適切な量のカロリーを摂取する

ココナッツオイルダイエットが失敗する原因のひとつとしてあげられるのが、糖質制限と運動、そして食事内容です。

ココナッツオイルはダイエットに効くから、いくら食べても大丈夫!そんな風に思っている人もたくさんいらっしゃるかもしれません。

 

でも、ココナッツオイルでは魔法の薬ではありません。

エネルギーに変わりやすいオイルだとはいえ、オイルには違いありません。大さじ1杯あたり約110キロカロリーあるんです。

これを一日4杯から5杯、つまり400から500キロカロリーを摂りながら、普段よりもたくさん食べてしまうとカロリー過多になってしまいます。

食事も適切な量を摂るように心がけましょう。

 

 

まとめ

今回は、ココナッツオイルダイエットのコツについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ココナッツオイルダイエットをするときにも、せっかくなのでココナッツの酵素がより多く残っているバージンココナッツオイルを選ぶことをおすすめします。

ポイントを抑えながら、ココナッツオイルダイエットを成功させましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ