ココナッツオイルの肌への効果は?実際の使用感などまとめ!

1

 

美容・健康、ダイエットなどさまざまな効果があるココナッツオイルは、海外セレブや日本のモデルにも大人気です。

最近は、テレビや雑誌などのメディアでも紹介されるようになったため、生活に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

そんな数あるココナッツオイルの効果の中でも、今回は女性が気になる美容効果。

特に美肌効果についてご紹介します!


Sponsored Link


ココナッツオイルの肌への効果・効能

2

 

ココナッツオイルは、肌に対して一体どんな効果・効能があるのでしょうか。

 

保湿効果

ココナッツオイルには、肌の油分を補いしっとりさせてくれる保湿効果があります。

乾燥に悩むお肌に塗ると、すぐにしっとりするといいます。

 

抗菌効果、抗炎症効果

ココナッツオイルには、ラウリン酸という成分分が含まれています。

このラウリン酸は、母乳にも含まれる成分で、抗菌作用や抗炎症作用があります。

そのため、ニキビや肌荒れといった菌を原因とするお肌のトラブルや炎症を鎮めてくれるのです。

 

しわ・毛穴の改善

ココナッツオイルには、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンE、トコトリエノールが含まれています。

トコトリエノールは抗酸化作用があるといわれています。

肌の活性酸素を除去してくれるので、しわの予防に効果があるそうです。

 

また、皮脂の酸化を防ぐため毛穴の黒ずみを改善する効果があるとされています。

こうしてみると、さまざまな美肌効果あることがわかりますね。


Sponsored Link


どんな風に使うと肌にいいの?

3

 

ココナッツオイルの美肌効果は、ココナッツオイルを食べることは勿論、直接肌に塗ることでも得られます。

特に、ニキビや肌荒れといった菌や炎症を原因とする肌トラブルの場合、直接肌に塗ったほうが効果があるといえるでしょう。

ココナッツオイルを使ってマッサージをするのもいいですね。

 

また、ココナッツオイルと同じく美肌効果のあるはちみつと混ぜてパックとして使うのもおすすめです。

食事としてココナッツオイルを摂る場合は、美肌効果の高い食品を併せてとることで、より効果を得ることができるでしょう。

こういったレシピは、クックパッドでも紹介されています。

たとえば、モデルのラッセルマイアさんが紹介するこのレシピ。

 

ココナッツオイルとズッキーニの美肌カレー

 

ビタミンBや食物繊維がたっぷり入ったズッキーニとココナッツオイルという美食材を使ったレシピです。

 

ジャガイモ&ピーマンのお酢でサッパリ炒め

 

こちらは、豚肉のビタミンB1をはじめ、ビーマンやじゃがいもで他のビタミン類もしっかりとれるレシピです。

クックパッドでココナッツオイルを使った美肌レシピを検索したい場合は、ココナッツオイル×美肌で検索するとたくさん出てくるので、是非参考にしてみてくださいね。

 

 

使っている人の口コミは?

ココナッツオイルが肌にいいというのはわかったのですが、実際に使ってみて肌への効果があった人という情報はあるの?

そんな風に思う方もいらっしゃると思います。

そこで、ネットショップのレビューから肌への効果の口コミを探してみました!

 

・・・顔にも塗っていいとネットにあったので、ぬってみたら乾燥していた肌が1日でカサカサからツルツルに変わりました。肌感触が赤ちゃんの肌みたいにふわふわすべすべになります・・・

この方は、もともと乾燥肌だったようですね。

ココナッツオイルを塗ることで、1日でかさかさ肌がツルツルになったそうです。

すぐに効果が出るのは、嬉しいですよね。

 

お風呂上がりに塗ると乾燥なくかゆみもなくなりました。顔につけると翌日お肌がプルプルになります。

この方も乾燥肌だったようです。

ココナッツオイルの保湿効果で、肌が潤い、感想による痒みも抑えることができたようです。

 

・・・毎日飲んで1カ月になりますが、手のかさつきがよくなって指のシワがわずかに軽くなって若返ったような感じがします。

この方は、ココナッツオイルを1ヶ月飲み続けたところ、指のシワが少し軽くなったそうです。

飲んで内側から作用することで、女性の悩みであるしわの改善にも効果がでたようですね。

 

また、私は皮膚が弱くて一年中体のあちこちが痒い体質なんですが、・・・
お風呂あがりにこのココナッツオイルを指で溶かすようになでて、目の周りに塗ってみたところ、翌日はいつもよりずっとラクでした☆☆
腰の赤く痒くなっていた箇所にも塗ったのですが、翌日は痒み赤みとも緩和されました。

この方は、皮膚が弱く敏感肌、乾燥肌という悩みを持っておられるようです。

ステロイド系のお薬が効かなくなってきたため、ココナッツオイルを使ってみたそうです。

すると、痒みや赤みが抑えられたとのこと。

 

乾燥と同時に、肌の炎症も抑えることができたのではないでしょうか。

症状が改善するのであれば、お薬より副作用がない天然オイルのココナッツオイルを使うほうが、身体に良いですよね。

 

 

自分で実際に使ってみた使用感

4

 

ここまで、ココナッツオイルの美肌効果についていろいろご紹介してきましたが、実は私自身も、普段から肌にココナッツオイルを塗ったりしています。

油を肌にぬるということで、最初はぬるぬるするんじゃないか、べたつくのではとおそるおそるだったのですが、少量を塗ってみるとさらっと伸びてべたつきません。

すっと伸びる使用感と、ココナッツの甘い香りにはまってしまい、毎日化粧水の前と後に使っています。

ココナッツオイルは、水や皮脂となじみやすいため、化粧水前に塗ると、後から塗る化粧水を肌に導いてくれるんです。

私自身、ココナッツオイルを使い出してから肌の調子がいいので、毎日のお手入れにかかせなくなっています。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ココナッツオイルは、塗っても食べてもお肌にいいんです。

天然オイルであっても、お肌に合う合わないがあるため、お肌にココナッツオイルを塗るときには、必ずパッチテストを行ってくださいね。

 

また、お肌に塗る場合は、余計な添加物が入っておらず、ココナッツの酵素や栄養素がたっぷり残っているバージンココナッツオイルを選びましょう。

ココナッツオイルを使ってココナッツの甘い香りに癒されながら、お肌も癒してあげましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ