ココナッツオイルをコーヒーに入れる際の適切な量と理由は?

1

 

健康、美容に効果があると言われる、今話題のココナッツオイル。

実はココナッツの甘い香りのため使い方に悩む方も多いようです。

 

そんな方にお勧めなのが、ココナッツオイルをコーヒーに入れる飲み方です!

フレーバーコーヒーのようになり、簡単に美味しくココナッツオイルを楽しむことができます。

 

では、どれくらいの量のココナッツオイルをコーヒーに入れると良いのでしょうか。


Sponsored Link


コーヒーに入れるココナッツオイルの適量

2

 

コーヒー200mlに入れるココナッツオイルの適量は、小さじ1杯と言われています。

ココナッツオイルにもいろいろな種類がありますが、中でも精製や漂白をされていない、バージンココナッツオイルがおすすめです。

 

冷たいコーヒーではオイルが固まってしまうので、小さじ1杯のバージンココナッツオイルを温かいコーヒーに入れましょう。


Sponsored Link


小さじ1杯がいい理由

コーヒーに入れるココナッツオイルの量は小さじ1杯がいいと言われる理由。

 

その一つとして、ココナッツオイルの油としての特性があります。

ココナッツオイルやオリーブオイル、そのほかどんな油も、急に摂りすぎてしまうと吸収しきれず体外に排出されます。

そのため、一度にたくさん摂取するとお腹が緩くなってしまう人がいるのです。

慣れないうちは少しの量から始め、様子をみて量を増やしていきましょう。

 

もう一つの理由は、味や香りが丁度良い分量ということです。

ココナッツオイルを小さじ1杯コーヒーに入れると、コーヒーの香ばしい香りに混じってほんのりとココナッツオイルの甘い香りがするようになります。

 

また、口当たりも少しまろやかになります。

コーヒー1杯に対して、ココナッツオイルを小さじ1杯という分量が、いつものコーヒーをフレーバーコーヒーのようにしてくれるのです。

では、ココナッツオイルの量を増やしたり減らしたりすると、味や香りなどはどのように変化するのでしょうか。

 

 

ココナッツオイルを小さじ1杯より少なめに入れた場合

3

 

ココナッツオイルの量を小さじ1杯より少なめにすると、味や香りはどう変わるのか。ココナッツオイルの量を小さじ半分にして、実際に飲んでみました。

 

  • 表面に浮く油・・・油の膜がはるというより、油の粒が浮いているという状態です。
  • 味・・・ほんの少しまろやかになっていますが、普段のコーヒーとほぼ変わりません。
  • 香り・・・コーヒーの香りの奥に、少しココナッツの香りが感じられます。フレーバーコーヒーというほど、ココナッツの香りは強くありません。
  • 唇につくオイルの量・・・少しだけリップクリームを塗ったあとのような、しっとり感があるくらいです。

 

ココナッツオイルの量が小さじ半分だと、コーヒーの味や香りにあまり変化はありません。

ココナッツの香りが大好き私には、少しもの足りなく感じてしまいます。

しかし、ココナッツの香りが苦手な方、普段のコーヒーの味や香りが好きな方にはおすすめの分量です。

 

この分量でココナッツオイルをたくさん摂ろうと思うと、コーヒーをたくさん飲むことになってしまいます。

コーヒーの1日の摂取量は、3杯が目安とされているので、他の飲み物や料理に入れる工夫が必要になります。

 

 

ココナッツオイルを小さじ1杯より多めに入れた場合

ココナッツオイルの量を大さじ1杯に増やして飲んでみました。

 

  • 表面に浮く油・・・上から1cm近くオイルの層です。
  • 味・・・まろやかですが、オイルを飲んでる感覚が強く、少し重くなります。
  • 香り・・・しっかりココナッツの香りがします。飲んでいるうちに、後からコーヒーの香りがでてきます。
  • 唇につくオイルの量・・・オイルがついているなと自分でしっかりとわかります。上唇と下唇をあわせてこすると、なじみます。

 

オイルの油っぽい感じが強くなるので、私はあまり好きではありません。

しかし、オイルの口当たりが気にならないのであれば、ココナッツの香りはしっかり出るので、この香りが好きな方におすすめです。

 

ただ、慣れていないうちに多めに入れてしまうとお腹がゆるくなってしまいます。

私自身も飲んだ後しばらくすると、緩くなるまでには至らなかったのですが、お腹がゴロゴロいいだしました。

急に普段飲み慣れていない量を飲むのではなく、様子をみて少しずつ量を増やしてみる方がいいかもしれませんね。

 

また、ココナッツオイルのカロリーは、大さじ1杯あたり110キロカロリーだと言われています。

飲みすぎには注意しましょう。

 

 

まとめ

コーヒーに入れるココナッツオイルの量は、基本は小さじ1杯がお勧めです。

しかし、体調や好みにあわせていろいろな量を試し、自分だけの好みのレシピを見つけるのもいいかもしれませんね。

楽しみながら美味しく続けること、これも健康、美容の秘訣のひとつです。

美味しく楽しく、ココナッツオイルを続けましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ