ココナッツオイルの効能・効果!便秘解消にも効果的?

2

 

テレビやメディアでも注目され、今大人気のココナッツオイル。

美容や健康は勿論、ダイエットにも効果を発揮します。

 

また、ダイエットしても減らないぽっこりおなかは、便秘が原因となっていることがあります。

このココナッツオイルは、この便秘にも効果・効能があるんです。

今回は、ココナッツオイルの便秘への効果・効能についてご紹介します!


Sponsored Link


便秘への効果・効能

私も実は便秘体質で、お通じのない日が続くことも多々ありました。

でも最近、ココナッツオイルをコーヒーに入れて毎朝飲むようになってから、朝ちゃんとお通じがくるようになったんです。

それも、苦しむ感じではなく、するりと出るのです。

では一体なぜ、ココナッツオイルは便秘に効果があるのでしょうか。

 

 

なぜ便秘に効果的なのか?

まず、ココナッツオイルやオリーブオイルといった油は、便を形成するのに必要なものです。

油が少ない状態だと便は硬くなり、潤滑油もない状態なので、腸の中で引っかかって出にくくなってしまいます。

そうすると、腸の中で便が腐敗し悪玉菌がどんどんと増え、さらに便秘が悪化するという悪循環に陥ってしまうのです。

過度なダイエットや日常生活での油分不足で、腸の中で便が固まってしまっている方はココナッツオイルを摂ることでするりと便が出るようになります。

 

また、腸内にある絨毛という突起には、食品添加物などによりこびりついた宿便がついています。

ココナッツオイルは、この宿便もするりとはがして流してくれるため、腸内環境を整えることができるといわれています。


Sponsored Link


どのような便秘のタイプに効果的なのか?

便秘には、二つの種類があります。

 

弛緩性便秘

弛緩性便秘とは、腸を動かす筋肉が弱ったり腸の刺激への反応が鈍くなることで、蠕動運動が弱まってしまう状態です。この状態になると、便を押し出すことが難しくなってしまいます。

このタイプの便秘を改善するためには、腸を刺激して蠕動運動を促してあげることや、便がスムーズに出やすい状態にすることが必要となります。

そのため、このタイプの便秘の方は、腸を刺激するカフェインや食物繊維をとり、水分や油分を十分に摂ると良いでしょう。

コーヒーにココナッツオイルを入れたものを飲むこともお勧めです。

コーヒーに含まれるカフェインには、腸を刺激する効果があります。

 

また、ココナッツオイルが便の潤滑油になり便を出しやすくしてくれるので、最良のコンビといえるでしょう。

ただ、カフェインもオイルも摂りすぎてしまうとお腹をくだしてしまうので、摂りすぎにはご注意ください。

 

痙攣性便秘

痙攣性便秘とは、ストレスが原因で腸が痙攣してしまい、蠕動運度がうまくできなくなってしまっている状態です。

現代に増えている過敏性腸症候群による便秘もこのタイプです。

このタイプは、まずストレスを軽減することが必要です。

リラックスできる状況を作りましょう。

 

また、腸を刺激してしまうと、かえって痙攣がひどくなってしまうので、消化しやすく腸を刺激しないものを摂ることが必要です。

ココナッツオイルは消化吸収が良いとされているので、ホットミルクなどに少しだけオイルを入れたものを飲むのも良いでしょう。

ココナッツの甘い香りと、ミルクの優しい甘みで癒されることができますよ。

こうしてみると、ココナッツオイルは弛緩性便秘の方に、より効果的だといえます。

 

また、どちらの便秘も日常生活で注意をすることで、改善できることもあります。

では、普段の生活ではどういったことに注意すればよいのでしょうか。

 

 

その他便秘を改善するために注意すること

3

 

便秘を改善するには、日常生活の中で以下のことに注意しましょう。

 

ウォーキングなどの軽い運動を行う

ウォーキングなどの軽い運動は、腸を刺激し蠕動運動を促してくれます。

また、適度な運動は気持ちを晴れやかにしてくれるため、ストレスの軽減になります。

 

水分をしっかりととる

便が硬くならないように、水分はしっかりと摂ってください。

 

乳酸菌や発酵食品などの腸にいい食べ物を摂る

普段の食生活で乳酸菌など腸に良い食べものを食べ、腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を良くして便秘を起こしにくくしましょう。

ココナッツオイルを摂ることのほかに、こういったことを普段から心がけることで、便秘を改善することができます。

 

また、市販の便秘薬を常用すると、腸が鈍感になり刺激を受けても動きにくくなってしまうという副作用があります。

できるだけ便秘薬に頼らず、自分の力で便秘を改善していきましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

いくら便秘に効くといってもココナッツオイルは油だし、太ったりしないの?

と心配される方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、ココナッツオイルには身体に悪いとされるコレステロールは含まれていません。

それどころか、中鎖脂肪酸という燃焼されやすい脂肪を多く含んでいます。

この中鎖脂肪酸を利用することで、ケトン体質という痩せやすい体質になることもできるので、ダイエットの強い味方でもあるんです。

 

それに、ココナッツオイルには便秘薬のような副作用はありません。

ココナッツオイルで便秘改善とダイエットを同時に行い、健康でスリムな身体を手に入れちゃいましょう!

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ