ココナッツオイルが認知症に効果的?量はどのくらい摂れば良い?

1

 

今人気のココナッツオイルは美容やダイエットにいいと評判ですが、認知症にも効果があることをご存知ですか?

認知症は、2025年には65歳以上の高齢者のうち5人に1人がかかるとされていて、知人に認知症の方がいらっしゃる方も多いと思います。

そこで今回はココナッツオイルの認知症への効果や、必要な1日の摂取量についてご紹介します!


Sponsored Link


ココナッツオイルは認知症に効果的なのか?

2

 

認知症には、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、アルツハイマー型認知症などいくつかの種類があります。

そのうち半分の割合を占めるのが、アルツハイマー病とも呼ばれる、アルツハイマー型認知症です。

ココナッツオイルは、このアルツハイマー型認知症に効果があると言われています。

 

認知症は神経細胞がブドウ糖をエネルギーとしてうまく使えずに、脳細胞が弱っていくことも原因のひとつと考えられています。

ブドウ糖の変わりに脳のエネルギーとなれるのはただ一つ、ケトン体です。

ケトン体は、脂肪を肝臓で分解して生み出されたものです。

ケトン体を体内で増やすと、うまくブドウ糖を使えなくてガス欠になった脳がケトン体をブドウ糖の代わりとして使うことができます。

そうすることで、脳の認知機能を高めることができるのです。

 

簡単に言うと、無人島でお魚しかないのに、体調が悪くなりお魚を食べられなくなってどんどん痩せていったところに、果物という代わりのエネルギー源が出てきたというようなことです。

果物という別のエネルギー源が現れたことで、それまで食べていたお魚を食べられなくても、元気にやっていくことができますよね。

 

アメリカで行われた研究では、軽度の認知症とされる患者の食事を、ケトン体を増やす食事に変えたところ、認知機能の改善がみられたそうです。

この認知機能の改善を行ってくれるケトン体をスムーズに産み出すことができるのが、中鎖脂肪酸です。

中鎖脂肪酸は、米国では粉末などにして、様々な医療の現場で使用されています。

実はココナッツオイルは、その成分のうちの60%が中鎖脂肪酸なのです。

そのため、ココナッツオイルを上手に摂ることで、認知症の改善・予防をすることができるといわれています。


Sponsored Link


認知症予防に適切なココナッツオイルの量は?

3

 

それでは、いったいどれくらいのココナッツオイルをどのようにして摂ればよいのでしょうか。

認知症の改善・予防のために必要なココナッツオイルの量には、いくつか説があります。

 

まず、テレビ番組で医師が紹介した量は、1日に小さじ3杯半(14g)でした。

また、「アルツハイマー病が劇的に改善した!」という書籍によると、毎日朝昼晩の3回、大さじ2杯半を摂るといいとのことです。

ただ、オイルは慣れないうちに急にたくさん摂ると、お腹がゆるくなってしまうことがあります。

そのため、最初は小さじ1杯など少しの量から始めて、徐々に増やしていくようにしましょう。

 

また、ケトン体を増やすためには、ココナッツオイルの摂取と併せて糖質を制限する必要があります。

ケトン体は、もともと糖質が手に入らない飢餓状態になったときに、脂肪を分解してエネルギーとして使用されるものなので、糖質が体内にあふれていてはなかなか増やすことができないからです。

しかし、糖質制限は、過度に行うと身体の負担になってしまいます。

体調不良や、なんらかの疾患をお持ちの方は、必ずかかりつけの医師に相談して行いましょう。

 

 

認知症予防におすすめの料理は?

認知症予防のためにココナッツオイルを摂る際お勧めなのが、飲み物に入れる摂り方です。

コーヒーや紅茶、ココアなど、糖質を含まない温かい飲み物にココナッツオイルを入れるだけ。

ココナッツオイルの甘い香りで、お砂糖の使用も減らすことができます。

飲み物に入れるココナッツオイルの量は、小さじ1杯が目安です。

しかし、好みによって入れるオイルの量を増やしてみてもいいかもしれませんね。

 

また、普段の料理として炒め物やサラダのドレッシングとして使用することもお勧めです。

カレー粉とも相性がいいので、自宅でできる本格ココナッツカレーとして、またカレー粉と一緒にひき肉などを炒めたりしてもいいですね。

 

そのほか、テレビでモデルのローラさんが紹介していた、ココナッツオイルを使った林檎のソテーなどもデザートとしてお勧めのメニューです。

こういったお料理では、ココナッツオイル大さじ1杯分(12g)以上を使用することがほとんどなので、一気に多くのココナッツオイルを摂取することができますね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

糖質を減らして、ココナッツオイルを少し摂る。

それだけで、認知症の予防・改善ができるかもしれません。

まだ治療法がしっかりと確立されていない認知症です。

こういった健康法としての予防・改善法も試してみる価値はあるのではないでしょうか。

次回は、認知症予防にお勧めのココナッツオイル料理のレシピや情報をご紹介します!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ