ココナッツオイルの1日の摂取量はどのくらいが適切?

1

 

美容や健康、ダイエットにもいいと言われるココナッツオイル。

でもこのオイル、1日にいったいどれくらい摂ればいいの?

 

また、飲みすぎると良くないこともあるの?

そんな疑問を持つ人も多いと思います。

そこで今回は、ココナッツオイルのお勧めの摂取量についてご紹介します!


Sponsored Link


ココナッツオイルの1日の適切な摂取量とその理由は?

2

 

ココナッツオイルは、美容や健康のためなら1日大さじ2杯程度が目安とされています。

ココナッツオイルの火付け役となったモデルのミランダ・カーさんは、1日に大さじ4杯を摂取しているそうです。

ただ、オイルは飲み慣れていないとお腹が緩くなってしまうことがあります。

最初は小さじ1杯など少しの量から始めて、体調に合わせながら量を増やしていくことをお勧めします。

 

また、美容や健康に良いなら、摂れば摂るほどいいはず!と思う人もいるかもしれません。

しかし、ココナッツオイルは健康に良いといっても油です。

そのカロリーは大さじ1杯当たり111キロカロリーといわれています。

ココナッツオイルに多く含まれる中鎖脂肪酸は、エネルギーに変わりやすい油です。

でも、普段の食事と合わせて摂る場合は、摂り過ぎてカロリー過多にならないように注意しないといけません。


Sponsored Link


具体的にどんな方法で1日分を摂取するのか?

3

 

ココナッツオイルを日常に取り入れるには、飲み物に入れる使い方が簡単でお勧めです。

ココナッツオイルは25度以下になると固まるため、紅茶やホットミルクなど温かい飲み物に入れて飲みましょう。

中でも、コーヒーに入れると、カフェインとココナッツオイルがもつ脂肪を燃えやすくする効果で、ダイエットにもお勧めの飲み物になります。

コーヒーに小さじ1杯のココナッツオイルを入れると、ほんのりココナッツの香りで美味しくいただけます。

コーヒーは1日3杯までが目安の摂取量とされているので、1日3杯ココナッツオイルコーヒーを飲み、残りの小さじ1杯を別の飲み物や料理に使うといいと思います。

 

簡単でお勧めの料理は、ココナッツオイルはちみつを混ぜ、バターを塗ったトーストに塗る食べ方です。

ココナッツの甘い香りとバターの香り、はちみつの優しい甘さがとても美味しい一品ですよ。

ダイエット中の方は、バターを抜いても美味しくいただくことができます。

 

また、テレビでローラさんが紹介していた、ココナッツオイルを使った林檎のソテーも簡単でとても美味しそうです。

この林檎のソテーのレシピはこちらです。

こんな風に時間のある日はお料理に使い、忙しい日は飲み物に混ぜて飲むと、1日大さじ2杯なんてあっと言う間に摂取できますよ。

 

 

実際に行っている1日分の摂取方法やタイミングは?

いろんなお料理に使う方法も美味しそうなのですが、私は手軽なので飲み物に入れて飲むことがほとんどです。

ココナッツの香りが好きなので、毎日コーヒーやミルクに入れて飲んでいます。

ホットミルクに入れると、トロピカルな香りとミルクの優しい甘さでとても癒されますよ。

 

また、あまり行動しない夜に摂取すると、いくらエネルギーに変わりやすくても燃えないかもしれないと思うので、できるだけ夕方までに摂取するようにしています。

 

基本的に、毎日ココナッツオイルを摂っているのですが、全く摂らない日が何日か続いたときには、肌のツヤが落ちていたことがありました。

ココナッツオイルのお肌への効能を実感してからは、毎日いろんな飲み物に入れてかかさず飲むようにしています。

 

 

まとめ

ココナッツオイルの中でも、科学的処理を行っているものだとココナッツオイルの成分が大きく失われているものもあります。

そのため、必ず漂白・脱臭・水素添加などを行っていないバージンココナッツオイルを使いましょう。

お料理や飲み物、いろんな楽しみ方があるココナッツオイル。

自分好みの楽しみ方をみつけて、是非楽しく美味しくココナッツオイルを続けてみてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ